薄毛ふりかけやパウダーで対策すると効果的にハゲを隠せるの?

AGA薄毛 対策

薄毛ふりかけやパウダーで薄毛対策をする。

魔法の粉や増毛ふりかけとも呼ばれるこの手の商品ですが、使用時の注意事項はないのでしょうか?

使用時にバレるという評判もあるという噂もありますので、実際にどうなのか、自然に増毛できるのかをまとめてす紹介します。

薄毛対策用のふりかけやパウダーは意外とバレやすい。

すごく残念な話かもしれませんが、増毛ふりかけや魔法の粉はバレやすい。

最近はかなり技術が向上して、以前に比べるとバレにくい状況になりつつありますが、重要なのはどのタイミングで使用するのか。

もしあなたがすでにかなり薄毛やAGAが進行している状態だとしたら、増毛ふりかけでそのすべてをカバーするのは難しいでしょう。

逆に、髪の毛が少し薄くなったのが気になったばかりだったり、髪の細さが気になっているレベルであれば、ふりかけやパウダーを使ってもバレにくい特徴があります。

ない毛にふりかけをかけると、髪の毛全体のボリュームを上手く調整できずに、不自然な仕上がりになってしまいますので、それがバレる原因のひとつ。

商品の技術力が高まっても、後頭部や頭頂部に自然にまんべんなくふりかけをかけるのは至難の技。

使用者側の技術の問題でバレやすいということもあります。

増毛ふりかけやパウダーがバレやすいシチュエーションとは?

実際にどんなシュチュエーションだとバレやすくなるのか。

日常的に起こる場面を想像しながら、考えてみてください。

  • 雨でびしょびしょに濡れた時
  • 大量の汗をかいた時
  • 温泉やサウナ、海やプールに入る時
  • 誰かに髪の毛を触られた時

増毛ふりかけは水に弱く、至近距離で見られたり触られたりすると、凄く簡単にバレてしまいます。

元々ある髪の毛に、静電気の力で植物繊維(セルロース)をくっつけているだけの状態。

専用のスプレーでガチガチに固めてしまえばバレないということもなく、地毛の色との違い、髪の毛の艶のなさなど、触らなくともバレる要因はあります。

しかも常用し続けることのリスクもあるので、使用方法は注意する必要が。

薄毛ふりかけやパウダー使用時の注意事項とは?

増毛ふりかけでいちばん有名なスーパーミリオンヘアーは、植物繊維のセルロースを0.3〜0.5mmの長さにカットし、静電気で髪の毛に吸着させています。

静電気の力だけでは、髪の毛に終日しっかりくっつけることができないので、黒い粉がとびちらないようにヘアスプレーやミストで固める のが一般的な使用方法。

気になるのはこのスプレーなどで固める行為。

シャンプーなどで洗い流すことができるものの、頭皮までしっかり洗い流すことで常在菌を流してしまうリスクも。

特に夏に大量の汗をかくと、黒い粉と皮脂が混ざりあってみにくいダマ状になっていたりします。

1回で洗い流せないとか、洗浄力の強いシャンプーを使用することが、頭皮環境の悪化に拍車をかけてしまうリスクがあることは理解しておきましょう。

毎日シャンプーをしないとすれば、それこそ頭皮環境が急激に悪化し、AGAや薄毛が進行してしまう可能性が高まります。

とにかく清潔にすることと、適度な量しか使用しないということを守ってください。

ふりかけをかける際には、周りに飛び散ることもありますので、白い服を着ないことが基本。

しっかり固定できた段階で、Yシャツなどに着替えるようにしましょう。

薄毛ふりかけやスプレーの有名商品とは?

魔法の粉が出た当初は、スーパーミリオンヘアーしかなかったふりかけ市場ですが、最近は様々な商品が販売されています。

  • スーパーミリオンヘアー
  • アートミクロンプラビ
  • Naturer(ナチュラー)
  • マジックパウダー

同じ商品でもブラックやブラウンなど髪の毛の色に合わせてカラーを選ぶことができます。

薄毛ふりかけやパウダーをバレないように使用するためにも、自分の自毛に近い色の商品を選ぶこと、場合によっては複数を組み合わせることも必要かもしれません。

即効性があり、ハゲや薄毛を隠せるパウダーですが、やはり根本治療ではありませんので、その部分はしっかり理解して、少しでも効果的な治療法を実践してくださいね。