ラムダグローでAGA薄毛治療はお勧めできない理由がある

AGA薄毛 クリニック

ラムダグローというAGA治療商品での
AGA薄毛治療は個人的にはお勧めできません。

 

その理由を紹介します。
まずラムダグローとう商品ですが、

 

リキッド(塗布剤)とタブレット(経口剤)
併用して使用することで、体の内側と外側から
脱毛の原因に直接作用し、発毛に結び付くように
成分調整されて作られたAGA改善医薬品です。

 

その考え方に問題があるわけではありません。
この体の内側と外側から同時に治療を行うこと、
これは非常に大切なことです。

 

ラムダグローには、3つの発毛効果があります。

 

・発毛成長期間改善作用
・ホルモンバランス調整作用
・発毛、育毛に必要な栄養分を補給

 

この3つの効果の影響であなたのAGAを
治療することを目的に作られています。

 

しかもその薬効を更に良い物にするために

 

・アメリカの最高グレードの医薬品を使用
・徹底した品質管理を実行
・日本の6つの病院で臨床試験を実施
・ユーザーアンケートで品質改善

 

ここまでしっかりした商品なので、
単純にラムダグローを批判したいわけでは
無いのです。

 

ラムダグローの基本的な使用期間は、
半年から1年です。

 

これはラムダグローのHPにも記載され、
薬効を十分に感じるためには必要な期間です。

 

この辺も通常のAGA薄毛治療と同じなので、
ラムダグローの薬効が弱いということでは、
無いのです。

 

ではなぜ私がラムダグローをオススメしないのか?
それは単純な話です。

 

1ヶ月2万円という商品価格がネックになります。
3ヶ月セット割でも57000円です。

 

それって、そうなんです。
実際にAGA治療クリニックでの平均額が
現在17000円くらい
なんです。

 

つまり画一的な商品に2万円を払うか?
個人的なAGAの状態を確認したクリニックでの治療に
同程度もしくは、より安い値段を払うか?

 

私なら、AGAの原因が個人差があることを
考えると間違いなく、クリニックでの治療を選ぶ。
というのが、選択肢になります。

 

この点に対する考え方は個人差があると思いますが、
結果を求めるためにAGA薄毛治療を行うのであれば、
あなた専用の配合や状態の確認が必須になる。

 

これは当然のことではないでしょうか?
だから私はラムダグローを選ぶべきではないと
考えています。