牛に頭を舐めさせると毛が生える?

AGA薄毛 対策

コロンビアの変わった増毛法が、
牛に頭を舐めさせると毛が生えるというもの。
これちょっと気持ち悪いですよね。

 

でも効果があるらしいんです。
コロンビアでは、理容牛という毛生え専門
牛がいるらしく。

 

その牛に頭皮を舐めさせるために
牛の好きな液状の食品を塗って5ヶ月間舐めさせる。
そうすると毛が生えるんです。

 

牛のザラザラした舌の刺激と
1日20リットルも出る唾液の効果で、
明らかに育毛効果があるそうです。

 

これってちょっと変わった方法ですが、
ここからわかることと、シェーグレン症候群という
唾液の分泌が少ない病気の人のは薄毛が多いという。
事実があるんです。

 

つまり唾液自体にも薄毛を改善する効果
期待できるのではないか?ということです。

 

唾液にはシアル酸という成分があります。
このシアル酸は胃の中に入ることで分解され、
ムコ多糖に結合していたものがフリーのシアル酸に
なることがわかっています。

 

そのシアル酸を薄毛の頭皮に6ヶ月塗布すると、
6人に内の5人に育毛効果が見られました。

 

これは頭皮に塗らなくともツバを飲むだけでも
効果があることがわかっていますので、食事の際に
唾液の量が増えるものを選ぶと増毛に効果的です。

 

唾液を増やす方法は、

・歯応えのあるものを食べる
・酸っぱいものを食べる
・辛いものを食べる
・ガムを噛む

 

という食材を選ぶようにすると良いのです。

 

ちなみに味のあるガムを噛むと唾液は20倍に増え、
味のないガムでも8倍ほど増えることがわかっています。

 

つまり食間にガムを噛んで唾液を飲み込むことで、
薄毛の解消に繋がる可能性があるのです。

 

さすがに頭皮に時分の唾を塗るのは抵抗があると
思いますので、唾液を増やす生活を実践してください。

 

食事の際にはゆっくり何度も咀嚼することで、
体にも良い効果が期待できますので、早食いをせずに
よく噛み、ゆっくり食べることを心掛けましょう。