筋トレとプロテインが更なる薄毛の原因か?

AGA薄毛 原因

筋トレと薄毛あなたはどちらを取るだろうか?
普通の日本人男性なら、薄毛にならない方法を選ぶ。
だから筋トレを諦めると思います。

 

最近の研究で、プロテイン飲料に含まれるクレアチンや
DEHAなどの成長ホルモンが血中のテストステロンの濃度を
上昇させる
ことがわかってきました。

 

しかも筋トレ(ウェイトリフティング)をすると、
ジヒドロテストステロンも増えることがわかっており、
更なる薄毛の原因になるそうです。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロンが
変換された物質で毛乳頭の受容体に結合して髪の成長に必要な
栄養素が毛乳頭に届くのを阻害
し、毛包を縮小させ死滅させる。
という恐怖の連鎖を産むことがわかりました。

 

これって凄い恐ろしい話ですがハリウッド映画の筋肉系には、
確かにスキンヘッドが多い
ですし、ウェイトリフティングを
やっている人も同様の傾向が強い気がします。

 

しかしプロテインと筋トレという組み合わせが悪いだけで、
プロテイン=薄毛ではなく、プロテインに有酸素運動を足すと
良いそうです。

 

一番は、プロテインを飲むのと筋トレを止めることですが‥

 

なかなか難しい話だと思います。
あなたはこの話を聞いてどう思いますか?

 

身体が男性化するということは、ホルモンも男性化する
ということです。

 

数年前に流行ったオス化女子。
それが今何を生み出しているか?若い女性の薄毛と頭皮の臭いです。
これかなり深刻な状態になっています。

 

女性でも男性ホルモンが非常に優位になることで、
薄毛が進むわけですから、男性が更に男性化すればどうなるか?
これは考えなくとも分かる話だと思います。

 

もしあなたが筋トレを極めたいということでしたら、
薄毛になってしまう現実を受け入れなければならないという
話なのだと思います。

 

非常に悩ましい話ですが、あくまでも研究の結果ですので、
そうならない人もいると考えるのが妥当でしょう。