育毛剤や発毛剤でハゲが減らないのはなぜ?

AGA薄毛 原因

薄毛対策の第一歩に選ばれることが多いのが、
育毛剤や発毛剤ではないでしょうか?

 

毎年新しい商品が店頭に並び、TVCMや雑誌等で
あたかも効果的、新成分配合と大々的に宣伝されて、
購入する人も多いと思います。

 

しかし薄毛や抜け毛で悩む人が減ることは
ありません
よね?それが答えなのです。

 

薄毛で悩む人は右肩上がりで増えているだけではなく、
近年では若い女性にも薄毛で悩む人が増え始めるなど、
薄毛市場がどんどん拡大しています。

 

それに合わせて様々な育毛剤や発毛剤が発売されますが、
あなたの周りでこれらの商品で薄毛が改善されたという人は、
どのくらいいるのでしょうか?

 

多分、ほぼいないというのが答えだと思います。

 

これら市販の育毛剤や発毛剤は対処療法的な考え方で
作られた製品が多く、一時的には効果があるように見えても、
使用をやめた途端効果がなくなったり、効果が出ても僅かなど
様々な問題を抱えているのです。

 

薄毛に悩んでいるということは、もっと根本的な問題があり、
それを対処療法的な治癒方法で改善しようとしても解決できる
ワケがないということに気付かなければなりません。

 

あなたの頭皮や髪の毛に起こっている薄毛問題の本質が
どこにあるのかという原因究明が真っ先に必要なことですし、
それに合わせて適切な治療を行うことが大事なのです。

 

それを汎用性の高い、対処療法的な方法で改善できるほど、
市販の育毛剤や発毛剤は高いレベルにありません。

 

もしかしたらそういった商品を作ることもできるのかも
しれませんが、その商品を何度、何度もも使ってもらうことが、
企業の収益に繋がるというわけです。

 

そういったことも踏まえるとやはり市販の育毛剤や発毛剤に
根本的な治癒を求めるのが大きく間違えているということが
お分かりになると思います。

 

では発毛剤や育毛剤に全く効果がないのか?と言われれば、
それは違うと思います。効果はありますが限定的なんです。

 

髪の毛が健康に育つためには、毛母細胞の細胞分裂が健全に
行われることが必要で、その為には毛乳頭が大切であること、
更に毛細血管が、血液が、内臓器官が、心身の状態が…という
感じでこの全てがしっかり機能することが大切なのです。

 

そういった体のメカニズムを無視して毛根だけに特化して
治療効果があるものを使ったとしてもその結果が一時的なのは、
十分に理解してもらえる話だと思います。

 

健康的な髪の毛が生える一連のメカニズムを理解すれば、
育毛剤や発毛剤ではない選択をされるはずです。