空腹状態が薄毛対策に効果的で抜け毛予防や発毛促進に役立つの?

AGA薄毛 対策

空腹で過ごせば髪の毛が増える?

少し意外な話かもしれませんが、空腹状態で過ごすことが育毛や発毛に効果的だという噂が。

薄毛対策に週末のプチ断食や絶食を取り入れてみると良いかもしれませんよ。

空腹状態だとなぜ育毛や発毛に効果的なのか?

空腹状態で過ごすなんてありえない・・・と思うかもしれませんが、本当に育毛効果や発毛効果があるなら、実践してみたいと思いませんか。

空腹になると、胃の中ではグレリンという物質が分泌されます。

グレリンは知覚神経を刺激して、IGF‐1(インスリン様成長因子1)を増やす作用があることがわかっていますので、少しでも分泌量を増やしたいところ。

グレリンの分泌量は、空腹状態で過ごす時間に比例しますので、少しでも長く空腹状態で過ごすことが好ましいと考えられています。

とはいえ、いきなり絶食するのは健康上の問題がありますので、徐々に断食をしたり、回復期を実践したりする方法が良いでしょう。

面倒な場合には、週末のランチを抜いたり、夜ご飯を食べずに寝るというのでも良いかもしれません。

IGF‐1(インスリン様成長因子1)が増えることで、知覚神経が活性化すると、CGRPと言われる物質が放出されます。

CGRPには血管拡張作用があることで頭皮の血流が良くなり、毛母細胞を刺激して発毛促進効果が期待できるんです。

だから少しでもIGF‐1(インスリン様成長因子1)を増やすためにグレリンの分泌量を増やす必要があり、その為に空腹状態で過ごす時間が長い方が良いというわけ。

薄毛やAGAの悩みがある人は食べ過ぎでメタボ体型の人が多い

AGAや薄毛に悩む人に、メタボ体型の人が多い傾向があることがわかっています。

もしあなたの髪の毛が頼りないのに、ビール腹のようなウエストをしているのなら、普段の食事で食べすぎている傾向があると理解しましょう。

量を食べすぎて太ってしまう場合と、食事の質が悪く、ファーストフードやスナック菓子ばかり食べているような食習慣もNGです。

中性脂肪が増えドロドロ血液になってしまうと、血管壁に脂肪分や老廃物が溜まってしまい、充分な血流を確保できません。

頭皮の血流も悪化して、発毛や育毛にとってはデメリットしかない状態に。

薄毛に悩む多くの人が、このような食習慣を送っている為に、どんどん抜けがが増えてしまいます。

頭皮の血流悪化は、酸素・栄養が行き渡らずに、新しい毛が生えにくくなるだけではなく、今ある毛も細くなったり、抜けてしまう理由になるので要注意。

薄毛や抜け毛は頭皮環境が非常に重要。

食事量と髪の毛はあまり関係性がないように思われますが、何をどれだけ食べているのかで、頭皮環境が大きく変わります。

髪の毛も稲のようなもの。

栄養が十分な田んぼと栄養不足の田んぼでは、どちらが元気に多くのお米を収穫できるのか?

それを考えれば自然と答えがわかるでしょう。

栄養も水もやりすぎると、根腐れして良いお米に成長しませんので、メタボ体型の人はそのような状態にもなってしまっているということ。

ちょうどよい状態を作ってあげることで、残っている毛根や毛母細胞をしっかり活用する。

その為にも食べ過ぎをまず止めましょう。

食事の質も血液サラサラ効果の高いものを選んだり、腹八分で過ごすことも大切です。

週末だけでもプチ断食や、食事の間隔を空けることを実践して見ると良いかもしれません。

そうすることで、自然と空腹状態で過ごす時間が増えて、CGRPの効果で頭皮環境が改善しますので、薄毛解消をサポートしてくれるでしょう。